CHPnet 会議室
血友病に関して
Have a deep discussion !!
-血液製剤によりC型肝炎に感染した方-西村聡文(2016/5/3 12:14)No.3921
 ┗Re:血液製剤によりC型肝炎に感染した方-点睛(2016/5/5 14:42)No.3922
  ┣Re:血液製剤によりC型肝炎に感染した方-西村聡文(2016/5/6 11:13)No.3923
  ┗Re:血液製剤によりC型肝炎に感染した方-ハルのひまわり(2019/9/1 12:48)No.4025


トップに戻る
3921血液製剤によりC型肝炎に感染した方西村聡文 URL2016/5/3 12:14

血液製剤によりC型肝炎に感染し肝硬変、癌に移行した方は、
調査研究事業に参加することにより、協力謝金を得られます。

ある程度の年齢の方はほとんどC型肝炎に感染しています。
私もインターフェロン+リバビリンによりウイルスは陰性になったものの、
昨年癌になり、本年度より調査研究事業に参加する手続きをしました。

長年の感染により、薬物治療でウイルスを駆逐しても、
癌や肝硬変に移行してしまったというケースは結構あるみたいです。

私も、10年ほど前インターフェロン治療中に、肝硬変かどうか、
医師により判断が分かれていましたが、切除した癌周辺の、
肝臓を見せてもらいましたら、素人の私でも一目でわかる、
立派な肝硬変でした。

GOTやGPT(ASTやALT)だけでは肝硬変や肝癌はわかりません。


ある程度の年齢の方は、もう一度、肝癌マーカー等の
検査を受けられたらいかがでしょうか。


なお、上記研究事業の本年度締め切りは5月10日までとのこと。

トップに戻る
3922Re:血液製剤によりC型肝炎に感染した方点睛 2016/5/5 14:42
記事番号3921へのコメント
西村様、貴重な情報ありがとうございます。
私は専門医にかかっておりませんから、こうした情報を知る機会がありません。
調査研究事業に参加する条件に私は該当しませんが、インターフェロンで陰性に
なっても長い年月でまた陽性化してしまうのは、自分だけではないと窺わせるお
話です。
私も平成19年にインターフェロン治療でウィルスは陰性になりましたが、昨年12
月に突然陽性反応に変ってしまいました。
またあの副作用の強い治療を受けなくては成らないのかと思うと気が重くなり、
感染しているだけで肝炎を発症していませんから、まだのんびり構えていたとこ
ろでした。
ウイルスを駆逐したと思っても、検知できるレベル以下のウィルスが残っていれ
ば願い年月のうちに増殖してしまうのでしょうかねぇ〜?

トップに戻る
3923Re:血液製剤によりC型肝炎に感染した方西村聡文 URL2016/5/6 11:13
記事番号3922へのコメント

>ウイルスを駆逐したと思っても、検知できるレベル以下のウィルスが残っていれ
>ば願い年月のうちに増殖してしまうのでしょうかねぇ〜?
>


B型肝炎ウィルスはしぶとく残っているとのことですが、
C型が長年陰性化後の復活というのはあまり聞いたことがないです。


私の場合、ウィルスが復活したのではなく、長年の感染肝炎により、
肝癌になったと思われます。

まあ、ウィルス駆逐が遅すぎたということでしょう。

肝臓専門医も、ウィルス駆逐しても癌になる確率が、
半分になるだけ、といっていました。

インターフェロン、副作用でしんどい思いしただけ、
無駄やったかな? と感じています。

トップに戻る
4025Re:血液製剤によりC型肝炎に感染した方ハルのひまわり 2019/9/1 12:48
記事番号3922へのコメント
私が16歳(昭和45年)合計7本程の頃血液製剤グロブリンを打ちました、輸血は、身体の血液が
入れ替わる程して、そして出血も止まり退院してお仕事を3カ月位後に急性の血清肝炎を発症
しました、当時はまだC型肝炎などなく輸血による急性肝炎と思われていました、3カ月ほど
入院しました、回復するまえぐらいに、身体の様子が耐え難いぐらい辛かったのを覚えていま
す、今思えば慢性肝炎に移行せずに急性の肝炎を 発祥したのですね3カ月目に、それから行く
年月経ってから血液検査でC型肝炎の陽性反応が出ていますと知らされました、抗体が出来
て、肝機能の数値は安定しています。回復する前の あの身体の何とも言えない耐え難いぐら
い辛かった時に 抗体が備わっと思っています、退院してからも40年以上経過しています 少し
疲れやすい体質かなた思ってます。

前のページに戻る